この度、MachLock-STATION Mu はバージョンアップに伴い以下の問題点を修正いたしました。 内容は以下の通りとなります。
1. Ver 1.9.5.0 で発生する「特定の条件の下でProbe が解除される現象」を修正
2. 「ActiveDirectory のフォルダリダイレクト環境で、ファイルの「新規作成」の履歴が取得できない問題」を修正
3. Ver 1.9.5.0 で発生する「ハードウェア情報の取得に失敗した際に、Visual C++ Runtime エラーが表示される現象」を修正
4. Ver 1.9.5.0 で発生する「違反履歴の統計情報でポートブロックのフィールドにNull が入り、エラー画面が表示される問題」を修正
5. Agent 起動部分の強化
6. Mu Server 安定性の向上
7. MLSBackupTools に自動バックアップ機能を実装
Copyright © 2005 MachLock International Co., Ltd. All Rights Reserved.   [個人情報の取り扱いについて]
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を禁じます。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.