新着情報 > 2006年
株式会社マッハロックインターナショナル(本社:東京都渋谷区 社長:柿島孝昭)は、2006年6月9日より、企業向け情報漏洩対策ソフト『ML-STATION Mu』をVer.1.7.1.1 にバージョンアップし、発売開始致します。

『ML-STATION Mu』は、PC の稼働状況、作業状況の履歴の監視、ミニファイアウォールによるアクセス制限、メディアへの読み書き制限、アンチウイルス機能によるウイルス対策など、様々なコンピュータセキュリティに対応したトータルセキュリティーソリューションです。

今回のVer.1.7.1.1 では、ファイル配布サイズの拡大やインポート機能等の充実を図りました。
機能の追加、問題の修正
Agent
1. 安定性の向上
2. ポリシー配布時のクライアント再起動ダイアログで、管理者より新たにポリシーが適用されたため再起動する旨を表示し、再起動をする・しないを選択できるようになりました
3. 「再起動する」を選択場合でも、起動中のプロセスを強制終了するのではなく通常終了を行い、編集中のファイルを保存するか確認されるようになりました
Manager
1. ファイル配布では上限20MBまでのファイルを配布することができるようになりました
2. メールブロックのポリシーでメールアドレスをCSVファイルからインポートできるようになりました
3. 「ファイル未配布一覧」「ポリシー未配布一覧」「フィルタ未配布一覧」に 「キャンセル」ボタンを追加してデータ削除できるようになりました
4. 複数のサーバ設定がある場合、間違った接続先に接続してしまう問題を修正しました
5. データベースへのクエリタイムアウトによりAgent 削除など Manager のオペレーションが完了できなかった問題を修正しました
Server
1. 安定性の向上

新着情報について
この新着情報記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新情報のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。
Copyright c 2005 MachLock International Co., Ltd. All Rights Reserved.   [個人情報の取り扱いについて]
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を禁じます。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.