セキュリティの意識向上に伴い、ファイルの暗号化が日常的に必要となっています。
MLS-Muの暗号化機能は、用途に応じた2種類の暗号化方法を選択でき、簡単に実行することが出来ます。
自分のコンピュータ内でファイルを暗号化して、外部からのアクセスに対してファイルを守ります。
右クリックによる操作や、特定のフォルダへファイルを移動するだけで、簡単に実行することが出来ます。
外部にファイルを送信する時、また、ファイルを持ち出す時にファイルを暗号化することにより、漏洩からファイルを守ります。
データの暗号化を実行したAgentコンピュータ上でのみ復号化が行えます。
暗号化されたデータを別のコンピュータで復号化することは出来ません。
データを暗号化する際に設定したパスワードを用いて復号化が行えます。
Agentがインストールされていないコンピュータでも、復号化することが出来ます。
※復号化プログラムが別途必要となります。
Agent上にある暗号化フォルダに直接ファイルデータを移動するだけで暗号化が行えます。
復号化は、暗号化されたデータを別階層のフォルダへ移動する又は、ダブルクリックで行います。
Copyright c 2005 MachLock International Co., Ltd. All Rights Reserved.   [個人情報の取り扱いについて]
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を禁じます。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.