ウィルス対策を個々の社員に任せるのではなく、管理者が一元でウィルススキャンやワクチンの更新を実行できます。
また、各クライアントのウイルス感染の履歴などを一覧で管理することが出来ます。
MLS-Muのアンチウイルス機能は、動作が軽快なため他のアプリケーションが実行されている場合でも、並行して作業を行うことが可能です。



日頃忘れがちなワクチンの更新作業を管理者が各コンピュータに対して一斉に行います。
更新したワクチンのバージョンは、ワクチンのバージョン情報として管理することが可能です。
管理者から各コンピュータに対してウイルススキャンを一斉に実行することが可能です。
また、スケジュール機能を用いれば、設定した時間に自動的にウイルススキャンを実行させることが出来ます。
ウイルススキャン状況はウィルススキャン履歴により管理することが出来ます。
ウイルスに感染した履歴や、その後ウイルスに対してどのような対処を行ったかまで細かく履歴を残し、管理者はウイルス感染の情報を把握することが出来ます。
Copyright c 2005 MachLock International Co., Ltd. All Rights Reserved.   [個人情報の取り扱いについて]
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を禁じます。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.